暗号資産

【日本で人気】Symbol/XYMとは?


こちらでは、私が保有していて、今後値段が上がるであろうと思っている暗号資産のご紹介をしたいと思います。本日はSymbol(シンボル)やXYM(ジム)についての特長や将来性についてご紹介致します。Symbol/XYMは昨今ブームとなった、NFTや分散型金融(DeFi)にも対応した暗号資産です。

Symbol/XYMとは

Symbol/XYMとは

Symbolは、2021年3月17日にメインネットがローンチされた、ブロックチェーンのプラットフォームです。XYMは、そのプラットフォーム上で利用することのできる暗号資産のことです。Symbolは元々NEM(ネム)のアップデート案であるCatapault(カタパルト)が基となっております。

NEMという名称は、暗号資産は知らなくてもご存じの方もいらっしゃるのではないかと思います。2018年1月に、コインチェック社が不正なアクセスから約580億円分の暗号資産が流出し、当時大きなニュースとなりました。この流出した暗号資産がNEM(XEM)です。これはNEM(XEM)という暗号資産の問題ではなく、コインチェック社の管理が原因で起こった事件でした。
現在までに31人が立件されておりますが、未だに首謀者は分かっておりません。

このNEM(XEM)は日本で非常に人気のある通貨となっています。
2021年1月には、日本の暗号資産取引所であるZaif Exchangeが、
XEMの取引において、世界市場で最大の取引量となった
ことからもこの暗号資産の日本での人気度がわかるのではないでしょうか。

このように、以前のプラットフォームも日本で非常に人気があり、
このXEMを保有しているユーザーには、XYMが無料で提供されたこともあったため、
XYMも日本人に非常になじみの高い暗号資産ではないかと思います。

Symbol/XYMの基本情報

プラットフォームSymbol
内部通貨XYM
総供給量8,999,999,999 XYM
コンセンサスアルゴリズムProof-of-Stake Plus
メインネット公開日2021年3月17日

Symbol/XYMの価格

 

Symbol/XYMの特長

Proof-of-Stake Plusの採用

元々組織の名称ともなっているNEMはNew Economy Movement (新しい経済活動)の頭文字であり、国や政府が管理する既存の枠組みではなく、分散化、経済的な自由、平等といった原則に基づいた新しい経済の枠組みを確立することを目標としています。そのため、NEM(XEM)はPoI(Proof of Importance)という特徴的なアルゴリズムを採用していました。
これは、ネットワークにおける重要性を指標にして取引の頻度や取引量、また個々の取引の信頼性をスコアを元にマイナーを承認するアルゴリズムです。
つまり、ビットコインのマイニングのようなPoWの方式では、ハッシュ関数という非常に複雑な演算の答え(ハッシュ値)を最も早く見つけたマイナーのみが報酬を受け取ります。


結果として、PoWでは大規模なマイニングシステムを構築できる一部のノードに富が偏在するという問題と、必然的に大規模な設備が必要になるため、マイニングに使用するコンピュータの電力使用量が膨大になることが課題となってしまい、昨今世界的な問題にもなりました。

PoIはこのような独裁的な報酬の占有を防ぐため、経済活動への貢献要素が加味されて報酬が配布されるようになっております。

今回のXYMでは、イーサリアムなどが行っているPoS(暗号資産を多く持っている人が報酬を得ることが出来る)の仕組みに+をして、PoS+という仕組みを採用しています。
この考え方はPoSにPoIの利点である、貢献した人にも報酬を渡すという考え方がプラスされており、「XYMの保有量が多い人に報酬を渡すが、XYMの保有量が少なくても使用頻度など実際にエコシステム内での貢献が認められる人にも報酬を配布しよう」という仕組みになっており、PoSではあるが、PoIの良さも取り入れた形になっています。

ハーベストによる報酬獲得

前述のような報酬を得ることを「ハーベスト」と呼んでいます。
XYMでのハーベストとしては、ローカルハーベスティングと、
デリゲートハーベスティングの2種類の方法があります。

ローカルハーベスティングとは、300万XYM(約6,000万円)以上のXYMを保有し、
所定の仕様を満たしたサーバやネットワークを有することでスーパーノードを運営し、
多額の報酬を得る仕組みです。
簡単に言うと、地主です。土地(サーバリソース)を持ち、そこでハーベストを行いますが、
人から委任を受けることが出来ます。

もう一方のデリゲートハーベスティングは、デリゲート(委任)をすることで、
自身でノードなどの設備を一切持つ必要がなく、報酬を得ることが出来るようになっています。デリゲートハーベスティングに必要なものは、「Symbol Wallet」へ「10,000XYM(現在(2022.02.02)の価格で約210,000円)」以上預け入れることで、ブロックの生成プロセスに参加することが出来るようになり、その結果として報酬を得ることが出来ます。
こちらは、スーパーノード上で働く農業従事者となります。
スーパーノードという土地を借りて自身のXYMを預け入れることで、ハーベストを行って、報酬を受け取り、その一部を地主に渡します。

デリゲートハーベスティングはアプリケーションの起動や一切の設備や投資は不要のため、手軽に行うことが可能となっております。

以下は、私のSymbol Walletですが、保有しているXYMをスーパーノードへ預けるだけで、
アプリケーションの起動や端末の起動といった一切の制約無く、報酬が得られています。
委託先のノードやXYMの保有数などによって、得られる報酬や頻度は変わってきますが、
添付のように定期的に100以上のXYMを得ることが出来るようになっております。

私の例ですと、大体1月に1回ほど報酬を得ており、
今までに880XYMほどの報酬を得ています。
現在1XYMは約21円ですので、約18,480円を得ていることになります。

また、Symbol Walletのハーベスト以外にも、
各取引所にてXYMのステーキングを行っているところもあり、
暗号資産取引所のステーキングでXYMを得ることもできるようになっています。
私が利用しているBitrueでは、年利1.9%でXYMの利息を得ることが出来ており、
私も利用しております。

このように、所持していることで手持ちのXYMを増やすことが出来る方法が2つあり、
どちらも手軽に行うことが出来るようになっております。

強固なセキュリティ

暗号資産についてまわる問題として、不正なサイバー攻撃への対応があります。
この点、NEMはセキュリティについて非常に強固な機能を有しておりました。
XYMもその機能を受けついており、例えば「Eigen Trust++」という技術が採用されております。これは、ノード同士が監視を行い悪質なノードを感知するという仕組みであり、システムの信頼性を担保する機能です。

他にもマルチシグといった複数の秘密鍵での署名を必要とすることで、
特定のウォレットアカウントに不正なアクセスが発生しても、トークンを送信するには
他のウォレットからの署名も必要となるために、不正な盗難を防止することが出来るようになっております。

暗号資産を採用するにあたって、セキュリティ要素は非常に重要な要素となりますので、
この点はXYMにとって非常に強い特長となります。

半減期が無い

Bitcoinなどは半減期があり、定期的にマイニングによる報酬が半減されていきます。
一方で、XYMには半減期はありません。ただし、4年をかけて徐々に報酬を減らしていく仕組みが採用されています。そのため、ある日突然報酬が減り、希少性が上がるという形ではなく、徐々に発行数を減らしていくことで、ボラティリティが高くならないようにされています。

Symbol/XYMの将来性

元々、NEM(XEM)のコンセプトは非中央集権的な経済圏を作るという視点でしたが、
NEMがリリースされた2015年から比べて、ブロックチェーン世界は飛躍的に進化しており、既存の枠組みの中で行政や企業などに向けてサービスを提供していくことは難しく、
Symbol(XYM)は生み出されました。

そのため、そもそもエンタープライズ向けのブロックチェーンとして開発されていますので、NFTやDeFi、勿論決済手段としての利用など、色々な用途で利用することが出来るようになっています。

例えば、2022年にカタールで開催されますFIFAワールドカップに向けたホテル建設において、このホテル建設に関わる建築のプラットフォームにて、XYMが利用されております。
具体的には、Symbolのブロックチェーン上で「工事の進捗記録」や「トレーサビリティ」などの情報を管理することで、データの改ざん防止や、データの利活用が迅速に行えるようになっています。

現在の暗号資産の中で、XYMのTPSは6,000と、全暗号資産の中で上位の位置につけており、非常に高性能でありながら、セキュリティ機能が高く将来性は高いと考えております。
また、前述のようにXYMは日本でのコミュニティが盛んであり、
これにより、新たな機能や暗号資産取引所の上場などにつながっております。

日本のコインチェックも、XYMの配布を2022年3月までに実施する旨を発表しておりますので、併せて上場する可能性が高いと考えております。
世界最大の暗号資産取引所であるBinanceへの上場も噂されておりますので、
上場されると一気に値段が上がることも予想されます。

結論

XYMは非常に高性能(6000TPS)なブロックチェーンであり、
非常に高いセキュリティを有した暗号資産となっています。

また、日本での人気が高く、今後Binanceへの上場も期待されており、
将来価格の上昇する可能性は高いと考えています。
一方で、この暗号資産の弱点は、まだ確立した経済圏をもっていない点です。


これからの暗号資産のため、どこで、どのように利用されるかは勿論ですが、
Symbolを利用した新たな仕組みがつくられていくかで価値が上がっていきます。

暗号資産にご興味のある方は、XYMもご検討頂けましたら幸いです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。