雑記

【雑記】注文住宅の契約を途中解約したら…


皆さんは、株や暗号資産の投資、ポイ活などで貯まったお金は何に使っていますか?
私はほっとくと、すべて旅行とゲーム課金に消えてしまうため、家を建ててみました。

最近はもう全然やって無いのですが、当時はゲームばかりやっていて、
FPSとかってチームがアレだと独り言が出るんですよ…ね…
分かる人いると嬉しいですが…

そういう時に周りの家とか気にするのが嫌だったので、
1人の空間が欲しいという安直な理由で戸建のハウスメーカーを探し始めました。

ただ、私自身が買うならこだわるタイプなので、
結局30社以上比較検討して、1社と契約しましたが、
設計もほぼ終わり、土地も購入した状態の着工目前でその会社と契約解除をしました。

その後、別の会社と契約をしたものの、
契約後3週間後には2回目の契約解除をし、
その後、3回目の契約を経て3社目で家を建てることになりました。

多分結構レアな経験だと思いますので、
皆さんが家を建てる際の参考になればと思い、
解約したら違約金などどうなるのか、ご紹介したいと思います。

マンションか…戸建か…それが問題だ

家を買おうと思った際に、
「マンション」「戸建」か、
戸建てなら「建売」「注文」か色々な選択肢があります。

私は、そもそもとして陰キャ勢で、
家にいることが多いため防音や断熱といった居住性を重視し、
管理組合といった周りとの接点をあまりとりたくなかったという環境の視点と、

最終的な資産として、マンションだと取り壊した際に土地もまともに残らなかったり、
駐車場代や修繕積立金などを考えると、
あまり戸建てとマンションでの金額差が無い
といった資産的な視点から、
だったら戸建てかなと考えていました。

マンションだと飽きたらリフォームというのも難しいですしね…。

私が考えていたマンションと戸建てのメリット・デメリットです。

メリットデメリット
マンション戸建に比べて駅近案件を見つけやすい
〇ディスポーザーなど戸建には
 付けられない設備などもつけられる
〇ゴミ捨てが24時間利用できる事がある
〇セキュリティレベルが高い
〇戸建てに比べると費用が安い
×取り壊しとなると土地の共有部分の
 按分しか残らない
×隣や上下などへの配慮が必要
×駐車場代や修繕積立金など
 ランニング費用が必要となる
×全員参加のイベントが
 発生する場合がある
×郵便物を1階まで取る必要がある
戸建〇騒音について、
 一般的な生活であればあまり隣を
 気にする必要が無い
〇庭を造ったり自分の好きなように
 空間をカスタマイズできる
〇改築や増築などが容易
〇修繕積立金や管理費、
 駐車場代などの費用が無い
×築30年のタイミングで
 数百万の修繕費用が必要となる
×駅から遠くになりがち
×家の前が私道の場合、
 自身でメンテをする必要がある
×町内会や自治会などへの参加
×庭の手入れが大変
×防犯レベルが低い

次に、戸建として建売か注文かを考えましたが、ここは注文1択でした。
建売はオーソドックスな作りが多いですが、
私は家を買うのであれば、折角なら細かく自分好みにしたいと思っていたのと、
建売は購入時はほぼ出来上がっていることが多く、
極端な話として欠陥住宅でもわからない
という点から注文住宅を考えていました。

また、建売は大体区画で同じような部材で作られるため、
ぱっと見で、この家は建売区画だなぁとわかっちゃったり、
その区画に住んでいる人は同時期に検討しているため
他の家の間取りなども知られている可能性が高いというのも嫌で、注文住宅にしました。

初の住宅展示場へ

そんなふわっとした状態で住宅展示場に行きましたが、
今にして思えば、カモがネギを背負ってやってきた感じでしょう。

住宅展示場にふらっと行くと、どの会社も大体は新人さんが相手をしてくれました。
注意いただきたいのは、基本的に最初についた営業さん(アンケートを渡した人)が担当になります。
担当営業さんがイケてないと、家づくりが失敗するケースもありますので、
微妙な感じがしたら、名前など残さずリセットしてまた後日訪問するか、
他の住宅展示場に向かうのが良いと思います。

正式に契約するまでどの会社も設計士さんは表に出てきません。
私たちが営業さんに話した要望を基に、裏にいる設計士さんに書いてもらって、
または営業が大まかな設計を行い提案されるイメージです。
そのため、営業が社内へのコネクションやパスなどを持っていなかったり、
ユーザーの要望を具体化するイメージを持っていないと
とんでもないものが出来上がる
わけです。

そして契約へ…

大体30社ほどとお話をして、5社程度に絞り、
さらに相見積もりなどをしながら最終的にI社と契約することになりました。

営業さんは入社後初契約ということで、
これが取れないとクビでしたとちょっと怖い事を言っていましたが、
初めてで分からないながらもしっかりと対応をしてくれており非常に好感が持てました。
決定した大きな理由は、他社に比べてのコストが突き抜けて安かったという点です。

当然、妥協した部分もあるのですが、
コストがそれを突き抜けて安かったためこれならいいかな…と思っておりました。

最初にハウスメーカーと契約する際は、
営業さんと話していたその時の仕様や金額をベースに建築工事請負契約を行います。
建築工事請負契約は、ざっくりいうと、
貴方の会社で家を建てますよという契約です。

その契約後に、設計士さんがちゃんとつくようになり、
月2~3回の打合せを3ヶ月程度行って、各細部の仕様を詰めていき、
最終的な仕様が確定したらその内容で建築着工合意書の契約を行って
建築工事がスタートします。
言い換えれば、最初の建築工事請負の内容は参考にもならないという事なんですよね…。

それと、よく【キャンペーン】や、
3棟だけモデルルーム価格!とかキャンペーン良くありますよね?
あれは体感ですが、意味がありません。
結局、最後は値引きで同じような金額になっている気がします。

ここはあくまで私見ですので詳細はわかりませんが、
各社はここまで値引きをしてよいというラインを持っており、
いろいろな理由をつけて、そこまでは値引きしてくれます。
何かでモニターが当たって今なら貴方だけ数百万安く買える、
年度末キャンペーンで今だけ安く買える…といった形ですね。

値引きやキャンペーンなど名前を変えてお得のように煽っていますが、
そのキャンペーンに当たらなくても、
別の名前で同じような値引きやプレゼントがもらえます。

例えば、私は賃貸では某グループの賃貸マンションに住んでいたのですが、
その系列の会社で家を建てる際、マンションの賃貸期間に合わせて
値引きがされるとのことでしたが、最終見積後にその話をしたら、
もうこれ以上値引きできませんとのことでした。

つまり、その分の値引きが名前を変えてもう入っているわけですね。
なので、”今だけ”とか、”あなただけ”とか、
そういった謳い文句に踊らされないように注意してください。

実際には本当にあなただけにその値引きを提供しているのかもしれませんが、
私の実体験としてはそうは思えませんでした。
そもそも、そういうキャンペーンって年中やってますしね…

建築工事請負契約後の仕様変更は値引きされません!
契約後に仕様を詰めていくのは辞めましょう。

1回目の解約

契約後に2週間に1回くらいのペースで打合せをするのですが、
毎回打合せをやるごとに100万円くらいずつ値段が上がっていき、
毎回、えぇ…という感じでで話を進めていました。

私は、最初の段階で、
こういう設備を入れたいというのはすべてリスト化して渡しておりましたが、
そういったものが一切入っていなかったんですねぇ…。


例えば、玄関はキーレスのスマートキーに、
洗面台はこの型番のやつ…といった形でお願いしていましたが、
最初の建築工事請負契約の際の見積に、
営業さんは入っていると言っていましたが入っていませんでした。


各明細は出ているので全部調べていれば契約前に分かったのですが、
営業に入れてほしいリストを提出しており、それを含めているという話を信じていたこと、
明細があっても、各社微妙に違った名称となっており、
何が、どの製品を示しているのかわかりづらく、
1明細ずつ付け合わせを行っていなかったため、
契約前に発見することが出来ませんでした。

結果的に最終価格は、建築工事請負契約時の内容から1,000万円以上値段があがり
あと2回で打合せも終わって最終の建築着工合意書にサインをするという段階で、
解除する旨を伝えました。

理由は簡単で、1000万以上プラスになったら、
正直コストで諦めたハウスメーカーでも家を建てられるし、
そもそも値段で選んだハウスメーカーなのに、
値段が上がったら意味ないという結論に至りました。


ここで問題なのは、建築工事請負契約を締結し、
その後10回以上、先方の設計士さんや営業さんなどを巻き込んで
いろいろ設計変更など行ったわけですが、
じゃあ辞めますとなればこのかかった人件費などは請求されるという点でした。

私的には、それでも後悔したくなかったので、解約の意思を伝え、
かかる費用についての清算をお願いしました。
その後は非常に早く、出てきた金額は18,8000円(税込)

どうでしょうか?営業さんや設計士さんなど何名も打合せに参加し、
全部で10回以上やっていた割に、安くないでしょうか?
私は300万くらいだと考えておりました。

その後、多少の引き留めはあったもののお金を振り込んで1社目は解約となりました。
幸いに、営業さんは私との契約が白紙になったものの、クビにはならなかった様です。

2回目の契約…そしてまた解約へ…

2社目は鉄骨で有名なH社と契約しました。
個人的にあまり鉄骨ではない方が良いと考えていたのですが、
私が考えていた鉄骨のデメリットは全部対策していて、
木造以上です!とのことで、こちらと契約しました。

また、契約後に上振れしていくのが嫌だったため、
I社との設備内容などもすべてお話し、同条件とした上で契約しました。

そして、3週間後ほどでしょうか。契約解除しました…。

理由は2点です。
1つは営業さんが事実と異なる話をしていたこと、
2つ目は設計士さんのやる気なかったことです。

まず、営業さんが言っていたことのなかで10個くらい、事実と異なる点がありました。
例えば、H社の家はグラスウールなどよりも暖かいです。
断熱材が自社グループ開発によって開発された高断熱材で、
グラスウールの家より暖かいんです。
この断熱材とグラスウール(16k)の熱貫流率を見てください!こちらの方が優れています!と仰ってました。

確かに、同社の利用している断熱材の仕様は比較している資料上優れていました。
この一文にはウソはありませんでした。

が、これをどの程度の厚さで利用するかが問題です。
性能いいものですが、ペラペラなら意味がありません。
同じ条件であれば当然優秀なのかもしれませんが、
実際に、私が家を建てる関東圏の仕様に合わせて比較すると…
グラスウールの方が性能がいいんですねぇ…。

と、いうような形で、営業さんが言うことを信じておりましたが、
ふとしたことでこの人が言っていることが怪しいと感じることがあり、
色々調べてみたら言っていることの大半が事実とは異なることが発覚しました。

結局、それらの内容について確認を求めましたが、
出てきた回答は満足できるものではなく、

特別に同料金で東北仕様(関東よりも断熱材の厚さが厚い)などに変更しますといった、
真実はどうなのかではなく、
無料でスペックアップさせますといったお話でした。

が、私が知り得た内容以外も真実かどうかも怪しいですし、
そんな会社と契約を継続するのも怖いため、解約することといたしました。
ここは、まだ打合せが2回程度でしたが、
解約理由がこういった理由だからかはわかりませんが、
理由は何であれお互い時間を使ったため、
解約費用を払いますとお伝えしましたが、
解約に関わる費用は発生しないということで特にお金は支払いませんでした。


ちなみに、その他としても、打合せではこちらの意見に特に提案も無く、
言われた仕様にしました。という受け身だけなのも気になっておりました。
こうしたら、ここはこうしたほうが良い。とか、
こういうデメリットが出るが、大丈夫か?といった話も無いため、
自分の意見が通るのがありがたいですが、
それに対するリスクが本当にないのかという点もちょっと心配ということもありました。

3度目の正直

2度あることは3度あるとも言いますし、
3度目の正直ともいいます。

ぶっちゃけ、この段階でかなり家を建てたいという気持ちは正直萎えていました。 
また、同じようなことがありそうでしたので。。。
ただ、もう土地買っちゃってたので、その点だけ気にしていました。

3社目は住友林業であり、結果としてこの会社で家を建てたのですが、
1社目の検討時からお話をしており、木造住宅にする際に、
私が気にしていた条件を満たせるのは住友林業か、積水ハウスの木造住宅のみで、
その他のメーカーはある仕様からあまり選択したくなかったことから、
家の仕様はほぼ満足できるものであり、

価格も1社目の契約解除前の価格、2社目の価格とほぼ遜色が無い金額感であり、
結局どの会社でも同じ程度ということで許容できた点と、
担当が店長だったのですが、かなり腹を割って話せる方であり決定しました。

よく、坪単価でハウスメーカーがランク分けされておりますが、
そのメーカーの基本仕様のまま家を建てるのであれば、
確かにそうかもしれません。

ただ、こうしたいといったカスタマイズをすると、
正直ハウスメーカーの価格差はほぼなくなります。


私の家は、どの会社でも坪単価100万を超えて変わりませんでした。

結論

どうでしょうか。
一旦契約を行うと、解約が出来ないのではないか、
解約金がべらぼうに取られるのではないか…と思うかもしれません。
ですが、実際にはそうではないものです。


もちろん、解約なんてしないことに越したことはありません。
私の場合は、1社目は営業との意思疎通が出来ていなかったこと、
2社目は営業が事実と異なる仕様を話していたことが原因でした。

このような場合に、解約金がかかるのであれば解除しないで進めざるを得ない…
といった事を考えるかもしれませんが、一旦白紙に戻すというのも1つの選択肢です。
投資でよく言うコンコルド効果と同じです。
投資した分に怯え、引き際を間違えて出血が多くなってしまい、
結果としてわけわからない家が出来上がってしまいます。

以前は、家は3回目で満足な家が出来上がると言われていましたが、
今、3回も建て直す人はほぼいないと思います。
と、した場合に、1回目から満足なものをつくるためには、
そもそも不信感を持ちながら進めていくことはデメリットしかありません。

家は自分と、ハウスメーカーと一緒に作り上げなければ
希望を叶える家をつくることは出来ません。

是非、家を検討する際は参考にして頂ければと思います。

そして、今回の教訓は、メーカーも大事ですが営業さんが1番大事!です。
同じメーカーでも、担当営業さんによって提案や対応など全然違います。

少なくとも、30社を練り歩いた中で、
住友林業で担当してくれた営業さんは店長という点からも出来る営業さんでしたが、
もし、住友林業を検討の1つとして考えており、
イケてる営業さんを紹介してほしいということがありましたら、
お声がけ頂きましたら紹介致します。


また、他の会社との比較などで何がいいのか…といった事があり、
意見を聞きたいということがあればご連絡頂きましたら
私の視点で回答させて頂きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。